ノースの森

苔インテリアショップmoss-connect 今田裕さんによる「苔テラリウム作り」のワークショップ

ノースオブジェクトが企画している子育てママや手仕事好き、DIY好きな方々へのワークショップ。
明日の暮らしを楽しむ工夫がつまってます♪

先日、北堀江のKeittoでワークショップ「mökkiで過ごす夏時間・・・苔テラリウムでフィンランドの森を作ってみませんか」を開催しました。

※ちなみに、mökkiとはフィンランド語で「コテージ、別荘」の意味。
フィンランドでは夏休みになるとほとんどの家族がコテージですごし、
森の中を散策したりサウナに入ったり、めいいっぱい太陽の光を浴びて過ごします。

講師には、テレビや雑誌でも取り上げられ人気のmoss-connect 今田裕さんをお迎えしました。

苔テラリウム今田さん

今田裕さん

 

苔への愛情が人一倍感じられる今田さんのお話。

見ていると、なんとなく癒される「苔」。
可憐・静寂・侘び寂び・力強さ。そのどれもが当てはまります。
苔は寿命が無いと言われているように、丈夫でお世話も簡単です。
当店では、リビングやオフィスで育てられる、屋内用の苔インテリアを主に制作・販売しています。
苔によって、 育成に適した容器や置く場所が変わり、使用する容器によって、 育てられる苔や育て方が変わります。
それは、その「苔」がどこで育っていたか分からなければ、お客様にお伝え出来ません。苔とあなたを繋げたいから、
いつまでも可愛がって欲しいから、自分の足で、山や崖を登り
自分の手で、木や岩に掴まり助けられ
自分の目で、状態や光量を確認し
自分の肌で、温度や湿度を感じ
自分の耳で、危険を察知する五感を最大限に使って、自ら探す事にこだわり、
どんな環境で育って来た苔達なのか分かった上で制作する。
そんな、こだわりを持って作った苔インテリア達を販売しています。
※ 土地の持ち主に許可を得て、苔の群落の一部だけを採取し、翌年には元に戻るようにしています。(HPより引用)

そんな苔に対して愛情たっぷりな今田さんより、苔についての知識を教えてもらった後、
ガラス容器の中に北欧の豊かな自然をイメージして
小さな北欧の森風のオリジナル苔テラリウムを作ってみました。

では、いよいよ苔テラリウム作りのスタート!

苔テラリウム

まずは色々な形のガラス容器の中から好きな形を選び、数種類ある苔の中から好きな苔を選びます。
数種類ある苔にもそれぞれの個性があり、見た目も使うものによって雰囲気が変わります。(全部の種類を使っても可愛いですよ!)

苔を入れる前に荒い砂利を入れて(砂利は水を入れて形を整えます)、
次にお気に入りの苔を入れていきましょう。

苔に土がついていると長持ちしないので、処理は慎重に行います。(ハサミでチョキチョキ)

苔テラリウム2

間にブルーの砂を入れれば・・・まるでフィンランドの湖!!

苔テラリウム3

お家のミニチュアの模型を入れてモッキをイメージしたディスプレイにしてみました。

細かい部分はピンセットを使って作業します。

苔テラリウム4

様々な形の木々を入れて自分らしい森に!
きのこのミニチュアを入れれば可愛い森の完成です。

苔テラリウム5

苔の種類や木の枝の置き方などで出来上がりにも個性が出るので、自分らしい作品が出来るのがとっても楽しかったです。
観葉植物代わりにお部屋やオフィスの中に置いていても、身近に自然を感じることが出来て心が落ち着き癒されます。

ちなみに、苔には寿命が無いと言われており、丈夫でお世話も簡単!
苔には根っこがないので苔自体を濡らしてあげるだけで活き活きとしたグリーンが保たれるそうです。
(ズボラな私でも育てられてありがたい!!)

最後は皆で並べてパシャリ。
苔テラリウム

 

<講師紹介> moss-connect 今田裕さん

大阪の南船場にある苔インテリアショップmoss-connectオーナーの今田さん。
苔テラリウムや苔盆栽、苔玉、苔盆景、苔や用土等資材の製作、店頭販売、卸売り、関連教室の開催、苔庭施工、苔の養殖etc
苔の魅力を伝える為に、苔に関わる様々な事を行なっている「苔の専門店」。
苔テラリウムについての情報満載なHPはこちら http://moss-connect.com

企画デザインからディスプレイまで一貫して商品と関われるのがやりがいです

NORTHERN TRUCK アパレルデザイナー(本社 卸事業本部)
尾崎 知里(おざき ちさと)

──:現在担当しているお仕事内容を教えてください。
尾崎:NORTHERN TRUCKの全ての企画(アパレルや飲食の商品、直営店の仕入れやディスプレイ、イベントなど)の元となるシーズンテーマの作成と、アパレルの商品企画とデザインをしています。シーズンテーマの作成では、ブランドの世界観やターゲットイメージを土台に季節感や歳時記を取り入れたテーマから、イメージマップを作成します。アパレルの商品企画では、商品構成やデザイン、素材選びなどをMDと打ち合わせ、工場への指示出し、サンプルチェックまで、一貫して担当します。企画会議をするときは色々な楽しいアイデアが飛び交います。お客様にも、商品を通してこのわくわく感が伝われば良いなという気持ちで企画しています。

──:ノースオブジェクトに入社したきっかけはなんですか?
尾崎:トレンドばかりを追いかける服作りではなく、1つの世界を追求した服作りをしたい、また自分の好きなテイスト感のものに囲まれた等身大のものづくりをしたい、と思っていた時に出会ったのが当社でした。当時はまだアパレル事業のみでしたが、今後様々な暮らしにまつわる事業を展開していくと聞き、面白そうだと思ったこと、また温かな会社の雰囲気と、1つ1つの商品に愛着を持ったものづくりが出来ることに惹かれて入社を決めました。

──:やりがいを感じるのはどんな時ですか?
尾崎:商品企画から、デザイン~カタログでの打ち出しやディスプレイでの見せ方まで一貫して担当するため、様々な業務をこなすのは大変ですが、その分自分のスキルになりますし、最初から最後まで商品を見届ける事が出来るので、商品への愛着が大きいです。それだけに、NORTHERN TRUCKの服が好評だったり、実際に着て下さっている方を街で見かけたりすると、とてもうれしく、やりがいを感じます。

──:今後の夢や目標などがありましたら教えてください。
尾崎:入社して3年が過ぎましたが、まだまだ試行錯誤の日々。私たちの仕事は、自分自身の日常の中に、たくさんのヒントが転がっています。様々なモノ・コトにアンテナを張り、企画に生かすことでよりよい商品をお客様にお届けしたい。そして自分自身も成長していきたいと思っています。

──:ノースオブジェクトってこんな会社です!
尾崎:自分が吸収したことをすぐに生かすことが出来る会社です。入社したばかりの人にも等しくチャンスがあるので、デザイナーとしてとても成長出来る場所だと思います!また、ジャンルをこえてさまざまな物事に触れることが出来るので、常に新鮮さを持って仕事に取り組めます。

×
毎月の営業目標をクリアすることで成長し、お客様のお役に立ちたい

north object de petit…営業(本社 卸事業本部)
今村 大輔(いまむら だいすけ)

──:現在担当しているお仕事内容を教えてください。
今村:主にアパレル小売業のお店へ営業活動を行っています。最近は、アパレル以外のお店への導入提案にも力をいれております。また、商品についてはもちろんのことですが、会社の想い、ブランドの想いもしっかり伝えられるよう、日々努力しています。

──:ノースオブジェクトに入社したきっかけはなんですか?
今村:前職でノースオブジェクトの服を取り扱っており、入社前から接点がありました。当時、営業にいらしたノースオブジェクトの方がとても素敵で、その方が語る会社の想いやビジョンに共感し、自分もノースオブジェクトの第一線で働けるようになりたいと思えたことがきっかけです。

──:やりがいを感じるのはどんな時ですか?
今村:やはり大きな取引が成立した時や重点ミッションが達成できた時ですね。また、仕事の範囲が無限大に広がったり、同僚やお取引先と共に一つのことを成し遂げたりするのは、ノースオブジェクトだから味わえるやりがいと感じています。毎月の営業目標をクリアし続けるのは大変ですが、その積み重ねこそ自身の成長へつながるのだと思っています。

──:今後の夢や目標などがありましたら教えてください。
今村:現在の目標は、卸事業での年間売上を3年以内に50億にすること。そのためには営業の仕事だけではなく、多種多様のプロジェクトに参加したいです。その経験を営業活動時に生かし、お取引先に対して価値のある提案が出来るようになれれば。目標達成時には現在よりもさらにお取引先や、その先で実際に商品を手にする子育てママのお役に立てられると考えています。

──:ノースオブジェクトってこんな会社です!
今村:社内には、悩んでいれば必ず誰かが手を差し伸べてくれるチームワークがあり、社員みんなが輝ける環境があります。よくお取引先から商談時に「ノースさんはいつも楽しそうに仕事をしているね」とお言葉をいただくほどです。そんな環境で一緒に、社外の方から一目置かれる仕事をしましょう!

×
ブランドの世界観に沿った服やパンなどを提案し、衣食住をプロデュース

pesä店長 兼 営業マネージャー(小売事業本部 アパレル事業部)
加藤 亮祐(かとう りょうすけ)

──:現在担当しているお仕事内容を教えてください。
加藤:ワーク&マリンをコンセプトにした自社ブランドNORTHERN TRUCKの直営店である、pesäの店長をしています。具体的な業務内容は、接客販売や仕入れ、イベントの提案など店舗運営に関わることです。

──:ノースオブジェクトに入社したきっかけはなんですか?
加藤:未経験でしたがアパレル卸の営業職をしたく、就職サイトなどを探していました。数ある会社の中からノースオブジェクトの考え方や世界観に共感し、応募を決めました。

──:やりがいを感じるのはどんな時ですか?
加藤:pesäは単なるアパレルショップではなく、NORTHERN TRUCK発のライフスタイルショップです。服を売るだけではなく、ブランドの世界観に沿って雑貨やベーカリーなど様々なモノを提案し、衣食住の全般にわたってプロデュースできるのは非常にやりがいがあります。

──:今後の夢や目標などがありましたら教えてください。
加藤:業務が多岐にわたるので初めての業務もまだまだありますが、これからも未経験のことにどんどんチャレンジしていきたいと思います。将来は小売事業の発展を目標に、社内で独立した店舗を運営したいです。

──:ノースオブジェクトってこんな会社です!
加藤:あまりお金をかけずにちょっとの手間や工夫で今あるものを大切にし、季節の移ろいや家族の成長などの変化を楽しむ。そんな豊かな暮らしをお客様に提案したり、自分が実現したりするために、もししたいことがあれば後押しをしてくれる会社です。

×
お客様の笑顔に支えられ、忙しい女性のためのパンを焼き上げる日々

Keitto Leipäパン製造(小売事業本部 飲食事業部)
渡部 今日子(わたなべ きょうこ)

──:現在担当しているお仕事内容を教えてください。
渡部:自社ブランドnorth object de petit...の世界観を表現するベーカリー、Keitto Leipäのパンを焼いています。窯の状態をチェックしたり、焼けたパンにトッピングをしたり、オープンに向けて準備する朝は緊張感があります。しかし、うまく焼き上がった時や、オープン直前にパンが店頭に並ぶ様を眺める瞬間は、思わず顔がニヤけるほど好きです。また最近は仕込み、原価計算や棚卸しも教わっています。

──:ノースオブジェクトに入社したきっかけはなんですか?
渡部:子供の頃にカフェのお姉さんがくれたタルトの美味しさが忘れられず、一度はケーキ店に就職しました。食について勉強していくうち、パンの多彩さと奥深さに惹かれ、パン屋に転職したいと感じるように。そして見つけたのが、北欧の森をイメージしたこの店のスタッフ募集。元から北欧が好きで、「子育てや家事、仕事に追われる女性たちが暮らしを楽しむお手伝いが出来れば」という会社の理念を知り、入社を希望しました。

──:やりがいを感じるのはどんな時ですか?
渡部:窯が売り場に近く、ダイレクトにお客様の声が聞こえることがあるのですが、そんな時にやりがいを強く感じます。一日中時間に追われて体力の限界を感じる時もありますし、毎月新作を考案するのも本当に大変です。新作を楽しみにしてくださるお客様の存在や、お客様の「おいしそう!」「かわいい!」と喜んでくださる笑顔に日々支えられています。

──:パンを作る上で大切にしていることを教えてください。
渡部:北欧の森やnorth object de petit...のイメージに沿うよう、ビジュアルの可愛らしさを大切にしています。忙しい女性が子育てや家事の合間に食べたり、子供と分け合ったり、様々なシーンを想像しながら、作り手のぬくもりが感じられるようなパンを作っています。

──:ノースオブジェクトってこんな会社です!
渡部:パンを作る経験なしで入社しましたが、先輩方が優しく一から教えてくださいました。店頭には皆で考えた、他には見ないようなパンが並び、服や雑貨も売っています。それをお客様に手にとってもらい、「かわいい!」「美味しかったよ!」などと言ってもらえることが喜びと同時に経験と自信に繋がります。未経験でも是非チャレンジして欲しいです。

×
北欧テイスト×日本伝統食で心が豊かになるような料理を生み出す

Keitto Ruokala店長(小売事業本部 飲食事業部)
山本 純(やまもと じゅん)

──:現在担当しているお仕事内容を教えてください。
山本:自社ブランドnorth object de petit...の世界観を表現するスープ食堂、Keitto Ruokalaの店長です。温かみのある北欧伝統料理のエッセンスと、美容と健康に良い発酵食品など日本の伝統食を融合させた新しいスタイルの飲食店で、メニュー開発や店舗運営の管理などを担当しています。

──:ノースオブジェクトに入社したきっかけはなんですか?
山本:転職を考えていた時に見つけたノースオブジェクトの募集要項に、「心が豊かになる暮らし」という言葉が書いてありました。お金や物質の豊かさではなく、今あるものや本当に良いものを大切にし、日々の移ろいを感じながら自分らしく暮らす。それは自分のやりたいことと共通していると思い、応募しました。

──:やりがいを感じるのはどんな時ですか?
山本:季節の素材や厳選された調味料、伝統料理のレシピなどを掛け合わせ、イメージ通りの料理が作れ、かつ、それが美味しかった時です。店には朝から夕方まで、お一人様からお子様連れのママ、お仕事帰りのグループなど、さまざまな方々がご来店されます。お客様お一人おひとりが何を求められているか、瞬時に察知しなければいけないのは大変ですが、皆さまが心地良い豊かな時間を過ごしていただけるよう努力しています。

──:今後の夢や目標などがありましたら教えてください。
山本:まずはKeitto Ruokalaを近所の方々から愛される店にすることです。店の業態上、食の部分が主になりますが、衣食住全般を通してnorth object de petit...のライフスタイルをテーマに豊かな暮らしを提案できるようになれればと思います。

──:ノースオブジェクトってこんな会社です!
山本:アパレルから飲食、ワークショップ、住宅など、さまざまな分野の経験豊富な先輩たちから多くを学ぶことができ、その経験したことを活かして、自分のアイデアを形にできる会社です。

×
事務職でありながら、広報や新業態立ち上げなど幅広くサポート

海外仕入れ事務 兼 広報(本社 管理本部)
福岡 瑞希(ふくおか みずき)

──:現在担当しているお仕事内容を教えてください。
福岡:自社アパレル商品の仕入や貿易などに関わる事務業務、飲食店を主とした直営店の広報活動など、幅広く携わっています。

──:ノースオブジェクトに入社したきっかけはなんですか?
福岡:営業職からの転職を考えていた時に、営業アシスタントでの求人募集を見付けたのがきっかけです。営業を支えるアシスタント職に興味があったこと、アパレルの業界に興味があったこと、求人要項やホームページから温かそうなイメージを受けたことから、応募にいたりました。面接が進む中で、衣食住にわたり心地よいものを提供するために今後さまざまな取り組みをしていくという社長の話に共感し、入社を決めました。

──:やりがいを感じるのはどんな時ですか?
福岡:事務職でありながら、デスクワーク以外にも様々な業務に携われるところにやりがいを感じています。特に新しい事業やお店のオープンに関わり、順調に運営している様子を見たときには大きな喜びを感じます。異なったジャンルの業務を同時進行で進めるのは大変ですが、どれもこれも大切なので、より段取りよく進められるように日々奮闘しています。

──:今後の夢や目標などがありましたら教えてください。
福岡:お客様、お取引先、スタッフ……全ての皆様にノースオブジェクトの魅力を発信することを目標にしています。そのためにもっともっと会社のことを理解し、アパレルや飲食だけにとらわれず世の中の流れをリサーチし、より多くの方々にノースオブジェクトの魅力を伝えていけるコンテンツ作りをしていきたいと思っています。

──:ノースオブジェクトってこんな会社です!
福岡:私は入社してまだ2年半ですが、その間に従業員の人数が約30名→80名以上、約50名増えました。今まさに発展途中の会社で、だからこそ望めばいろんな仕事にチャレンジできるし、会社とともに自分自身も成長していけるのを実感しています。産休と育休を経て会社に復帰し、時短勤務で活躍されている先輩方もいます。こんなノースオブジェクトで私たちの想いに共感し、長きに渡りこれからの発展に携わってくださる方を、心よりお待ちしております。

×
女性が多く活躍し、安心して働ける環境に惹かれて転職を決意

pesä bakery店長(小売事業本部 飲食事業部)
東浦 千恵(とううら ちえ)

──:現在担当しているお仕事内容を教えてください。
東浦:自社ブランドNORTHERN TRUCKの直営店pesäの1階にある、ベーカリーの店長をしています。具体的な業務内容は、接客、レジ業務、パンの補充、掃除といった店頭での作業のほか、製造スタッフへの製造個数の指示、ロス管理、スタッフのシフト管理などの事務作業です。

──:ノースオブジェクトに入社したきっかけはなんですか?
東浦:パンが大好きでパン屋さんで働きたいと思っていた時に出会ったのが、ノースオブジェクトでした。パンの販売に関われるだけでなく、衣食住にわたりお客様の豊かな暮らしの実現に役立てること、“なるほど”がたくさん詰まったリーズナブルな物の提案などの企業理念に感銘を受けて入社をしました。

──:やりがいを感じるのはどんな時ですか?
東浦:お客様に「ありがとう」や「お勧めのパンが美味しかった」と言われると、嬉しいですしやりがいを感じます。忙しかったり、ロスを出してしまったり、大変だと感じる時もありますが、それを糧に頑張っていきたいと思っています。

──:今後の夢や目標などがありましたら教えてください。
東浦:月々のテーマをはじめ2階のアパレルと連動を深め、NORTHERN TRUCKのコンセプトである「マリン&ワーク」や暮らしDIYの要素を取り入れたパンを今以上に提案していきたいです。

──:ノースオブジェクトってこんな会社です!
東浦:衣食住に関わるいろんな方が働いているので、自分の知らない世界に触れることができて勉強になりますし、そのたびに新鮮な気持ちになれます。いろんな事にチャレンジしたい方、やりがいのある仕事をしたい方、ノースオブジェクトであなたの力を発揮してみませんか?

×